病気になりやすい看護師という仕事

体調管理法と病気の予防法

TOPICS

新しい職場で好かれる人になろう
看護師には体調管理が必要

看護師には体調管理が必要

日本の医療は多くの人材によって支えられていますが、その中でも看護師の存在は特筆に値するでしょう。医師は看護師のサポートなしに万全の治療はできませんし、患者へのホスピタリティを代表する人材が看護師です。しかし病院内の人間関係や夜勤などストレスの多い仕事をしている看護師の体調管理は万全ではありません。しかしそれでは看護師の疲弊につながり医療制度そのものへのダメージへとつながります。そのようなことを避けるため当サイトでは看護師向けの体調管理に関する情報提供をしています。

かかりやすい病気を知っておこう

かかりやすい病気を知っておこう

ストレス性のうつ病や夜勤などの不規則な生活が遠因での乳がん、それに看護師の職業病ともいわれる腰痛など看護師がかかりやすいといわれている病気があります。これらは病院内での人間関係や仕事の責任の重さによる大きなストレス、夜勤などによる生活リズムの乱れ、そして看護師の仕事柄どうしても生じてしまう腰への大きな負荷などが原因になって生じているため、なかなか避けることが難しいといえます。しかし対処のしようはあるので、まずは細かな概要を把握しましょう。

予防対策を始めよう

予防対策を始めよう

どのような病気のリスクがあるのかを把握したら、そのリスクを押さえる方策を考えましょう。基本的には精神的なストレスと身体的な負荷が看護師がかかる病気の原因です。そのため職業病ともいえる腰痛予防などは腰へのダメージを軽減させることを重視し、それ以外の病気については体力をつけることとストレス発散の機会を多く持つことで乗り切りましょう。またそれでもどうしても心身を病んでしまった時は、怖がったり億劫がったりせずに早めに病院に行くことが大切です。

重い病気なら転職を考えよう

重い病気なら転職を考えよう

病気にならず体調管理をしていく上でストレス発散や体力増強など個人で出来ることを続けることは大切です。しかし病院で発生するストレスや負担があまりにも大きい場合は個人の対応力を上回ってしまいます。そうなってしまったら自分の体調第一で転職を行いましょう。転職先でまた体調を崩すようなことのないよう、良い転職にするために転職サイトの活用の仕方や転職でありがちな失敗理由、また転職先で上手くやるためのポイントなどを押さえましょう。

新人看護師は読んでおこう

新人看護師は読んでおこう

医療の大前提として、既にかかってしまった病気を治療するよりも病気にかかる前に予防した方が効果も高く負担も少ないといえます。そのため看護師がその身体や精神を労わる場合、不調を抱えてから治療を行うよりも新人看護師のうちから予防に力を入れることが大切です。まずは看護師の職業病といわれる腰痛の恐ろしさを理解しましょう。そして長期的に続けるべき体力作りの習慣と職場で良い人間関係を築きストレスフリーな環境を作るための方法を学びましょう。

夜勤専門看護師は必ず覚えておこう

夜勤専門看護師は必ず覚えておこう

夜勤専門で看護師の仕事を続けられる方がいますが、そのような方には特に夜勤の継続がもたらすリスクについてご理解いただきそのリスクを下げるための適切な対応を行って欲しいと思います。まずは夜勤の継続がどのような病気にどういった理由で結びついているのかを正しく理解しましょう。そして夜勤の仕事を継続しながらも体調管理を行うポイントについて押さえてください。そして万が一体調を崩してしまった場合は早めの診断や治療が大切です。